top of page

NEVER SURVEILLANCE
NEVER UTILIZATION
JUST DELETE

Image by Tyler Lastovich
TDNOaRoSUs1gr8c1718715828_1718715934.png

Nocturne

"A next-generation Time disappearance & Fintech messaging app 'Nocturne’, Operating on a blockchain-based user database and Digital ID,
Implementing enhanced end-to-end encryption (E2EE) with consideration for high security and user privacy.

It connects people through a mesh network, even in environments without internet access."

防災テックと
グリーンテック

持続可能な防災テックとグリーンテックの

究極のソリューション

 

防災テック

地震や災害時にインターネットが使えなくても連絡を可能にする防災対策のテクノロジーを実装したメッセージアプリです。

 

グリーンテック

データセンターが地球温暖化に大きな影響を与えています。Nocturne NextGenはデフォルトで1日以内にすべてのサーバーからメッセージの送受信データを時限消滅します。そのため、劇的なサーバー費用の低下を実現し、地球温暖化対策にも貢献します。

Apple Store
Google Play

Chat

Secure Ignite the Fire ( IGF) Chat 

Nocturneは指定された時間以降にオンラインになったタイミングで全てのデバイスとサーバーからユーザーのメッセージを自動的に消滅させます。メッセージは監視もデータ収集にも使用されないため、完全なプライバシーを保証します。

AI Chat (今後実装予定)

このAIチャットで送信された内容は、当社の機械学習モデルの改善に利用されます。ユーザーを特定できる情報は一切取得せず、収集されたデータは匿名化された上で、今後の製品開発、マーケティング分析、および他社との協業に役立てられます。Geminiを基盤として構築し、プライバシー保護に最大限配慮いたします。

Mesh Network (ベータ版)

Bridgefyとの提携により、Nocturneではインターネットが利用できない環境でもコミュニケーションが可能です。この機能は、地震などの災害時や、飛行機内、スポーツイベントなどの状況下で一時的なコミュニティ形成を可能にし、緊急時にも役立ちます。

Blockchain

ブロックチェーン技術によって開発されたデジタルIDをユーザーIDに用いております。これにより、セキュリティ対策が強化されるだけでなく、世界をボーダレスにした体験が可能となり、また、安全な個人認証も可能になります。様々なグローバルサービスと連携するためのAPIを備えたハブとしての機能も組み込まれています。

Digital ID

デジタルIDは、安全かつ不正のない個人認証と、連携サービスの管理を容易にします。 今後のマイルストーンとしましては、企業向けにAPIを提供し、様々なプラットフォームへのログインを可能にします。さらに、将来的には健康記録などのデータ保管も視野に入れています。

Fintech

2024年末までに、Nocturne内で広告を視聴することでポイントを獲得できるようになります。獲得したポイントを、デジタルIDシステムとMetamaskを通じて、様々なグローバルデジタル通貨に交換できる仕組みを導入予定です。さらに、ポイントの送受信機能も追加される予定です。

Protect user privacy

当社のIGFチャットでは、ユーザーのメッセージ内容を監視したり利用することはありません。ただし、AIチャットについては、AI改善のための学習材料としてデータを活用します。なお、メッセージは設定された時間(IGF)が経過すると、当社のサーバーからも完全に削除されます。ただし、犯罪行為が発生した場合、当社が利用するサーバープロバイダであるGoogleに開示を求める場合があります。

Enhanced E2EE (End to End Encryption)

WhatsApp、Telegram、Viber、Signalなどと同様に、当社も通信には同等の暗号化技術を採用しています。しかし、当社はメッセージの監視や広告への転用を行う必要がないため、ユーザーのメッセージ送信時にその内容を抜くため(活用するため)に暗号化を弱めることはありません。つまり、IGF(Ignite the Fire)の発動後は、ユーザーのコミュニケーションのプライバシーは完全に保護されます。

About
Nocturne NextGen

The Leading Secure Messaging App with Superior Privacy Protection

Nocturneは、世界で最も安全なメッセージアプリの一つです。メッセージに設定された時間以降にオンラインになると、全てのデバイスとサーバーから送受信したメッセージが消滅します。大切な人とのコミュニケーションを、常に安全に保護し、感情アイコンなどユニークな機能を使って楽しむことができます。

Nocturneという名は、「今を大切にすることで、将来振り返った時に素敵な思い出になる」という想いから付けました。

大切なことは心にとどめて欲しい、一つ一つのメッセージを大切にし、楽しんでほしいと考えています。感情をうまく表現できなかったり、誤解を生みやすかったりすることによって引き起こされる悲しみを少しでも減らしたいと思っています。私たちのユーザーが少しでも心地よく感じられるメッセージアプリの実現を通じて、デジタル世界をより良くする市場を創造することを目指しています。

Features

Privacy Protection

Nocturneは、送受信したメッセージの内容を一切監視、転送、転売することはありません。

すべてのメッセージは、一定時間後に消滅されるよう設定されています。さらに、メッセージはエンドツーエンドで暗号化され、消滅後はお互いのデバイスや全てのサーバーにも保存されないため、メッセージの内容が漏洩する心配はありません。

また、欧州連合の一般データ保護規則(GDPR)に完全に準拠しており、厳格なデータ保護基準に基づいて管理されます。

Automatic Message Deletion

Ignite the Fire ( IGF )

送受信されたメッセージは、デフォルト設定の1日*が経過すると、アプリを次に起動したときにすべてのデバイスとサーバーから自動消滅されます。


*最大7日まで設定可能です。個人チャットのみ☆ボタンを押すことで追加で28日間、送信時間を基点に延長できます。

Secret Mode

Nocturneのシークレットモードを使用すれば、パスワードなどの機密情報を隠したまま送信することができます。

Emotion Icons

メッセージに感情アイコンを添付できるというユニークな機能を備えています。

言葉だけでは伝えきれない気持ちを表情豊かな豊な感情アイコンを使って、相手に今の自分の気持ちや感情を簡単に表現することができます。

Enlargement Effect

メッセージの先頭と末尾の両方に絵文字を置いてテキストを囲むと送信されたメッセージのサイズが大きくなったり(機種依存は反応しないものもあります。)、感情アイコンも拡大して楽しめます!

Convenient Features

Nocturneは、世界中で使われている他のメッセージアプリと同様に、シンプルで直感的なインターフェースを採用しています。どなたでも簡単に使用することができます。

 

グループチャット、ポイントの利用*、メッシュネットワーク*など、充実した機能が搭載されています。
*ポイントやメッシュネットワークの利用はまだ未公開です。

今後は他のユーザーにアニメーションを送信したり、機能のアンロック、さまざまなデジタル通貨との交換にポイントを使用する予定です。アップデートをお楽しみに!

防災テック (Disaster Tech)

地震や津波などの災害でインターネット回線が途絶した場合でも、Nocturne NextGenのメッシュネットワーク機能が活躍します。近距離にいるユーザー同士でメッセージの送受信が可能になるため、安否確認や情報共有をスムーズに行えます。孤立を防ぎ、迅速な救助活動に繋がるだけでなく、避難場所や支援物資の配布場所などの重要な情報を素早く拡散し、人々の安全確保に貢献します。

グリーンテック (Green Tech)

地球温暖化の一因となっているデータセンターの電力消費。Nocturne NextGenは、メッセージの自動消去機能により、サーバーに保存されるデータ量を大幅に削減します。

これにより、サーバーの消費電力とCO2排出量を削減し、地球環境保全に貢献します。

さらに、サーバー負荷の軽減は、データセンターの冷却に必要なエネルギーも削減。データセンターの省エネ化は、地球温暖化対策に大きく貢献します。

Nocturne NextGenの利用を通じて、ユーザーはデジタルデータの保存が環境に与える影響を意識するようになり、他の分野での環境保護活動への参加を促すきっかけにもなれば幸いです。

bottom of page